自由集会・シンポジウム

日本産業衛生学会 学術委員会 若手研究者の会では、毎年5月に開催される日本産業衛生学会で自由集会やシンポジウムを開催しています。

学会参加者であれば参加申込不要です。お気軽に会場までお越しください。

第8回自由集会(第92回日本産業衛生学会@名古屋)

職場における調査研究:RCTをやってみよう

日時 2019年5月23日(木)15:30~17:00
場所 第17会場(名古屋国際会議場 2号館2階 会議室221)
参加費 無料(第92回日本産業衛生学会に参加の方であれば、どなたでもご参加いただけます)
概要 これまでの産業保健分野でのエビデンスは、事例研究や観察研究が主であり、臨床研究で多く行われているRCT(無作為比較試験)については、他の分野と比較して件数が少ないのが現状です。ただ、根拠に基づく産業保健を実践するためには、RCTによる質の高い研究成果の蓄積が不可欠です。産業保健分野でRCT研究が行いにくい理由として、病院ではなく企業で、患者ではなく一般労働者を対象に行うという、産業保健のフィールドの特徴が影響しているのかもしれません。一方で、そのような種々の制約があるにもかかわらず、色々な工夫をすることで企業とのウィンウィンの関係をうまく構築しながらRCTを行い、研究成果を出している研究者もいます。

今回の研究会では、産業保健の実務者、研究者がRCTに関心をもってもらうこと、そのハードルを下げることを目的に、「職場における調査研究:RCTをやってみよう」というテーマで企画をしました。演者として、RCTについての多くのノウハウを持たれている川村孝先生と今村幸太郎先生を研究会にお招きします。川村先生には、RCTを行う上での必要な基礎知識を、今村先生には、産業保健のフィールドでRCTを実施し、多くの論文を発表したご経験をお話いただきます。

演者:
川村孝(京都大学 環境安全保健機構健康科学センター長・教授)
今村幸太郎(東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野・特任講師)

座長 内田満夫(群馬大学)