第92回日本産業衛生学会にて、自由集会『職場における調査研究:RCTをやってみよう』を開催しました

第92回日本産業衛生学会にて、若手研究者の会の自由集会『職場における調査研究:RCTをやってみよう』を開催しました!

RCTとは、Randomized Control Trial(無作為比較試験)のこと。介入群と対照群をランダムに割り付けないといけないRCTはあまり職場で歓迎されるものではありませんが、健康教育や行動変容につなげる介入の効果を測定するには必須の研究手法です。

京都大学の川村孝先生には、ランダム化やクロスオーバー・デザインなど、RCTの基本を大変わかりやすくご説明頂き、東京大学の今村幸太郎先生からは、レベルの高いジャーナルにも掲載が目指せるようなRCTを行うためにおさえておくべきポイントをお話し頂きました。

講演後は、実際に職場でRCTにトライしようとしている方からたくさんの質問が。かなり実践的な質疑応答となりました。

川村先生、今村先生、本当にありがとうございました!

最後は、皆で記念撮影。

来年もまた自由集会を企画中ですので、ぜひご参加ください!