手元にあるデータで学会発表にチャレンジしてみよう!

本年は若手研究者・実践者を対象に,いよいよ研修を開催することになりました!以前より,産業保健分野における初学者向けの研修のご要望があったので,ついにその声に応えることができました。研究を開始したての方,またこれから研究を始めたい方を対象にしています。

研究方法論の復習から始まり、実際の手元のデータを解析して、(可能であれば)来年の日本産業衛生学会用の抄録まで書き上げてしまおう!という内容です。以下に概要をお示ししますので,ご興味を持たれた方は是非ご参加ください。

研修名:手元にあるデータで学発表にチャレンジしてみよう!
日程:2018年9月8日(土)午前11時~午後5時
場所:東京大学医学部3号館S102(東京都文京区本郷7丁目3−1)
アクセス:https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_04_j.html
対象:産業保健研究に携わる若手20名
費:員5,000円,非員10,000円

受付期間:2018/8/10(金)まで。受付フォームからお申込み下さい。
テキスト:産業保健の複雑データを集めてまとめて伝えるワザ(メディカ出版)
(事前に購入して持参ください)
データ:匿名化データ持参可能,その他の方にはテストデータを準備します。
(統計解析ソフトの入ったPCを持参下さい)

講師・チューター:世話人を中心に多数参加します。

#第1部(午前11時~午後1時)
内容:研究に先立ち必要となる内容
①リサーチクエスチョンの立て方 ②仮説の設定 ③文献的レビュー方法

昼食休憩(午後1時~午後2時)

#第2部(午後2時~午後4時)
内容:統計解析の基礎と実習
①データクリーニングと変換 ②数値データの解析 ③カテゴリーデータの解析

#第3部(午後4時~午後5時)
内容:参加者の調査研究に応じた抄録の執筆
①背景と目的 ②対象と方法 ③結果 ④考察と結論

#講習後に懇親を開催します(参加自由)

若手研究者の会世話人一同が執筆に関わった著書『産業保健の複雑データを集めて まとめて 伝えるワザ』が出版されました

産業保健と看護2018年春季増刊号として、『産業保健の複雑データを集めて まとめて 伝える ワザ: 社員も経営層も動かす! 「最強」の活用術』がメディカ出版より出版されました。

健診データ、ストレスチェックデータ、長時間労働面談実施状況など、産業保健の現場はまさに「データの宝庫」。しかし、データのまとめ方に不安を持っている方が多いことは、これまで若手研究者の会が行ってきた自由集会やシンポジウムの経験からも実感していました。

この本は、これまでデータをまとめたことがない、こんなまとめ方でいいのか……と疑問を持っているビギナーでも、データの集計から見せ方、提案の方法までわかるようになる!と自信を持って言える一冊です。

オールカラーで、イラストやグラフを多く取り入れることで、内容がスッと頭に入ってくるような本を目指しました。

この一冊があれば、人事や経営層を納得させる資料作りも、学会発表も、論文発表も、ぐっと洗練されたものになるはずです。ぜひお手に取ってご活用ください。

産業保健の複雑データを集めて まとめて 伝える ワザ:
社員も経営層も動かす! 「最強」の活用術

目次

【第1章 データをもとに産業保健活動の質を高める】
◆1 産業保健活動の質を高めるロジックモデルとPDSA
◆2 企業をうなずかせる産業保健のデータの活用法 ~職場のデータを使ったPDSAサイクルの回し方~
◆3 経営者や人事労務が産業保健職に期待するもの

〔コラム〕
(1)データを加工して意味をもたせる
(2)データで示すことで、社内での発信力を高める
(3)無料で使える統計ソフト「R」

【第2章 若葉さんと学ぶ! データ活用きほんの「き」】
◆1 データの集め方
◆2 データのまとめ方(1)統計分析の基本
◆3 データのまとめ方(2)エクセルを使ったデータ活用
◆4 データの見せ方、伝え方

〔コラム〕
(4)アンケートの信頼性・妥当性
(5)アンケート回収率や有効回答率を上げるには?
(6)性別や年齢の影響を考慮した解析:多変量解析

【第3章 若葉さんが聞く! 教えて! あなたのデータ活用術】
◆1 健康診断データの活用と見せ方
◆2 ストレスチェックデータの活用と見せ方
◆3 ストレス軽減対策「いいね!」シールの活用
◆4 職場環境改善の効果の見せ方とさらなる改善
◆5 健康教育の効果のまとめ方・見せ方
◆6 運動イベントの効果のまとめ方・見せ方
◆7 転倒事故防止のための調査と対策
◆8 コラボへルスにおける経営者の心に響くデータ提示法
◆9 人事・会社を動かす情報の伝え方のポイント

〔コラム〕
(7)統計解析のさらなる勉強方法を伝授!

【第4章 若葉さんが挑戦! 学会発表を目指そう】
◆ 日々の活動を良好実践事例(GPS)としてまとめてみよう
◆ 学会発表前に
◆ 学会発表でのポイント

〔コラム〕
(8)一般化可能性と研究の限界
(9)論文を書き上げるための5つのポイント
(10)先輩産業看護職からの応援メッセージ

→Amazonでのご購入はこちら

メディカ出版のページでは、立ち読みもできます

第91回日本産業衛生学会での若手研究者の会関連イベント

2018年5月16日(水)~19日(土)に熊本市で開催される第91回日本産業衛生学会において、若手研究者では生涯教育委員会と連携し、様々なイベントを企画しています。ここではそれらをまとめて紹介します。

1.生涯教育委員会若手論文賞講演会

第2回若手論文賞受賞者3名、第3回若手論文賞受賞者3名の授賞式・講演をまとめて行います。
日時:5月17日(木) 15:00~16:30
会場:B会場(熊本市民会館 2F 大会議室)

2.自由集会

テーマ:職場でアンケートをする前に知っておきたいこと
日時:5月17日(木) 17:00~18:30
会場:B会場(熊本市民会館 2F 大会議室)
座長:江口尚先生(北里大学)
演者:
1) 学会発表はできたが、論文査読で苦労した事例紹介
守田祐作先生 新日鐵住金(株)
2) アンケートをする前に知っておきたいこと
井上彰臣先生 北里大学
3) 若手学術ネットワークの支援で論文発表に至った事例紹介
石丸知宏先生 一般財団法人西日本産業衛生会

3.懇親会

日時:5月17日(木) 19:00~
会場:花畑町地域周辺

若手研究者・実践者の親睦を深めることを目的に開催する懇親会です。
お時間ありましたらぜひぜひご参加下さい。詳細は後日お知らせします。

以上3つのイベント、奮ってご参加下さい。

『学術の動向』2017年12月号に寄稿しました

日本産業衛生学会生涯教育委員会若手研究者の会は2015年から、日本学術会議若手アカデミーの若手科学者ネットワーク分科会によって構築された「若手科学者ネットワーク」の一員となっています。

2017年6月には第2回若手科学者サミットが開催され、本会含めて13の若手の会が参加し、若手科学者が置かれた現状を明らかにして議論を行いました。

この度、『学術の動向』2017年12月号の特集記事「若手科学者の現在と課題:若手科学者サミット」において、「若手科学者のネットワーク形成の現状について」と題して、いわゆる「若手研究者問題」について各若手の会が寄稿を行いましたので、掲載記事を紹介します。ぜひご一読ください。

若手科学者のネットワーク形成の現状について(PDF)
(本会の記事は58頁に掲載)

第90回日本産業衛生学会での若手研究者の会関連イベント

お陰様で無事終了しました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました!(2017/5/19追記)

2017年5月11日(木)から13日(土)に東京ビックサイトTFTビルで開催される第90回日本産業衛生学会において、若手研究者では生涯教育委員会と連携し、様々なイベントを企画しています。ここではそれらをまとめて紹介します。

1.自由集会

今回は70名から80名ほどの方に参加いただき、産業現場のヘルスデータを分析できるようになることへのニーズの高さがうかがえました。限られた時間ではあったが、健診データ分析をはじめるための基礎となる考え方やキーワードについて共有できたと感じます(2017/5/19追記)。

テーマ:ゼロから始める健診データ分析―論文発表に向けて―
日時:2017年5月11日(木)16:40-17:40
場所:東京ビッグサイトTFTビル 東館 9階 研修室905 (第6会場)

2.懇親会
日時:2017年5月11日(木)19:00-21:00
場所:アルポルト ビッグサイト店

若手研究者・実践者の親睦を深めることを目的に開催する懇親会です。
お時間ありましたらぜひぜひご参加下さい。詳細はこちら

3.シンポジウム

座席数が200席程あったのに対し、立ち見はもちろん、会場に入りきらない程の参加者に来場頂き、大盛会でした。質疑応答も活発に行われ、現場のデータを使って数値で現状認識や効果評価を行うことで、より的確にPDCAを回すことができたり、人事・経営側からも活動を理解されやすくなることで予算が獲得しやすくなり、結果として産業保健活動がやりやすくなること、そして社員の健康度も上がるというメリットがあることを共有できたのではないかと思います(2017/5/19追記)。

テーマ:産業保健職の存在価値を高める現場のデータの見せ方・まとめ方―人事・経営とのWin-Winの関係とは?―
日時:2017年5月12日(金)9:30-11:30
場所:東京ビックサイト TFTビル 東館 9階 研修室908 (第9会場)

若手研究者の会が企画するシンポジウムです。
共同代表世話人2名が座長、新世話人の一人である守田先生が演者を務めます。
詳細はこちら。ぜひお越しください。

4.若手論文賞受賞講演会
日時:2017年5月13日(土)13:00-15:00
場所:東京ビッグサイトTFTビル 東館 9階 研修室905 (第6会場)

今年が初開催となる、若手論文賞の受賞式&講演会です。第1回若手論文賞の受賞者は2名。第2回若手論文賞の受賞者も決まっていますが、そちらは来年の第91回日本産業衛生学会の場で表彰致します。

以上4つのイベント、奮ってご参加下さい。

第90回日本産業衛生学会での自由集会終了後に懇親会を開催します

さて若手研究者の会が様々なイベントを企画している第90回日本産業衛生学会開催まで、1ヶ月を切りました。今年も自由集会とその後の懇親会を開催します!

産業保健に関わる自称若手の方でしたら、どなたでもご参加頂けます。事前申し込み制ですので、お早めに下記までお申し込み下さい。

日時:2017年5月11日(木)19:00~
会費:5,000円(90分飲み放題付立食パーティ)

会場:アルポルトビッグサイト店
東京都江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト会議棟8階スカイラウンジ
※若手研究者の会自由集会会場の近くです。

申込:下記URLからお申込みください。
https://goo.gl/forms/6KTsddY7ezsboEUL2申し込みは終了致しました

※申込みの締切りは2017年5月7日(月)といたします。
申込み後のキャンセルは前日(5月10日(水))までに堀までご連絡ください。

世話人一同、皆様のご参加をお待ちしております。

懇親会チラシのダウンロードはこちら

日本産業衛生学会 生涯教育委員会 若手研究者の会のホームページを開設しました

これまで、日本産業衛生学会あるいは関連学会の場においてチラシを配布するなどして広報してきましたが、より多くの方に日本産業衛生学会生涯教育委員会若手研究者の会の存在を知ってもらい、最新の情報をお届けしたいという想いから、この度ホームページを開設しました。

若手研究者の会の活動は、下記から構成されます。少しでも関心を持って下さった方は、メーリングリスト、自由集会・シンポジウム、若手論文賞、産業保健研究ネットワーク(JOHRN)のどこからでも良いので、お気軽にお問合せ・ご参加下さい。若手同士、産業保健における研究活動を一緒に盛り上げていきましょう!

 

<若手研究者の会の活動内容>

若手研究者の会メーリングリスト(ML):若手同士の情報交換・共有の場

自由集会・シンポジウム:若手の実践家・研究者にとって役立つ知識の提供の場

若手論文賞:若手で頑張って研究している実践家・研究者を応援・表彰する場

産業保健研究ネットワーク(JOHRN):論文を書いてみたい!けれど、どのように進めればよいのか不安に思っている若手の実践家をサポートする場

 

<日本産業衛生学会 生涯教育委員会 若手研究者の会とは>

産業保健に関する研究活動について情報交換したり、学びを深めたり、同じ志を持つ仲間を見つけることを目的として集まった若手の研究者・実践家の集まりです。自称若手の研究者・実践者であれば、どなたでもご参加いただけます。

産業保健と一言で言っても、人間工学、有害物質、メンタルヘルス、歯科衛生、健康支援、運動支援、産業看護、過重労働など様々な分野があります。普段は別々の場所で活動している人でも、「若手」というくくりで仲間となり、時には一緒にお酒を飲みながら交流する場にできたら、と思っています。日本産業衛生学会期間中に自由集会も開いていますので、ぜひお気軽にお越しください。